ここから本文です

中学生のケイタイ所有率は57.1% スマホは40.9%

エコノミックニュース 7/8(金) 8:05配信

 モバイル専門マーケティングリサーチ機関であるMMD研究所は、インテル セキュリティと共同で、2016年6月10日~6月14日に、中学1年生~3年生の子どもを持つ女性1,148人とスマートフォンを所有している中学生370人を対象に「中学生のスマートフォン利用実態調査」を実施した。

 まず、子どもに携帯電話を持たせているかという質問をしたところ、携帯電話の所有率は57.1%で、スマートフォンの所有率は40.9%ということが明らかになった。2015年の同様の調査結果と比較するとスマートフォンの所有率は3.0ポイント増えていることがわかった。

 次に、中学生の子どもに携帯電話を持たせていると回答した人(n=655)を対象に、子どもに携帯電話を持たせようと思った理由を聞いたところ、「子どもが塾や習い事に通いはじめたから」が33.0%と最も多く、次いで「自分が働きに出るようになった(出ている)から」が22.6%、「周りの子どもが携帯電話を持つようになったため」が20.0%となった。また、「その他」のフリー回答の欄で、「部活の連絡方法がLINEのため、スマートフォンを購入した」という回答が複数あった。

 また、中学生の子どもにスマートフォンを持たせていると回答した人(n=470)を対象に、子どもにスマートフォンを持たせた時期を聞いたところ、「中学1年生から」が48.7%と最も多く、次いで「中学2年生から」が16.2%、「小学6年生から」が15.3%、「小学5年生から」が6.6%となり小学高学年から徐々に増えていることがわかった。

 中学生の子どもにスマートフォンを持たせていると回答した人(n=470)を対象に、子どもが経験したことがあることを聞いたところ、「迷惑メールが送られてきた」が34.7%と最も多く、次いで「サイトやアプリに卑猥なバナー広告がでていた」が16.8%、「直接知らない人とSNSやメールなどで繋がっていた」が11.3%となった。

 続いて、「ワンクリック詐欺の画面がでてきて、お金を請求された」「意図しないサイトの有料会員に誤って登録され、請求があった」「課金や有料アプリなど自分(親)の許可していない請求があった」のいずれかを経験したと回答した方(n=30)に、支払いの有無に関わらず、実際に請求があった最高金額をフリー回答形式で回答してもらったところ、請求額の平均は「56,616円」となった。

 中学生の子どもにスマートフォンを持たせていると回答した人(n=470)を対象に、子どものスマートフォンの利用に際し、「スマートフォンの使い方やインターネットを利用していて起こりうる危険性」について話しているかという質問をしたところ、「よく話す機会がある」が26.6%、「たまに話す機会がある」が51.7%と合わせて78.3%がスマートフォンの使い方や危険性について話す機会があると回答した。(編集担当:慶尾六郎)

Economic News

最終更新:7/8(金) 8:05

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。