ここから本文です

野村周平と賀来賢人、2人の関係は「友達以上、恋人未満」

Movie Walker 7月8日(金)10時0分配信

勢いある若手俳優・野村周平と賀来賢人が、新鋭漫画家・真造圭伍のコミックを映画化する『森山中教習所』(7月9日公開)で初共演を果たした。ノーテンキな大学生とネクラのヤクザという対照的な役柄を体現し、見事な化学反応を見せる。まるで兄弟のようにリラックスした笑顔を見せ合う2人に、共演の感想を聞いた。

【写真を見る】まるで兄弟のよう!野村周平と賀来賢人がインタビューに登場

本作は、高校の同級生である大学生の清高(野村)とヤクザの轟木(賀来)が一風変わった自動車教習所で再会し、楽しくも甘酸っぱいひと夏をともにする様を描く青春映画。野村は「とにかく楽しくやろうと思った。僕はいつもにぎやかなタイプなので、それが自然と清高に重なっていったと思う」と言うように伸びやかに清高を演じ切り、一方の賀来は「轟木は、最初はクールな奴だと思ったけれど、実はとても不器用で人間臭い奴だと気づいて。ただ、台本を読むと轟木のセリフは『…』が多いので(笑)。言葉が少ない分、表情で見せなければいけない。難しかったですね」と内面を見つめながら、役柄に挑んだ。

伸び伸びとした清高と、悶々と自身を抑え込んだかのような轟木のコントラストが実に楽しく、次第に確かな友情を感じていく彼らの姿が微笑ましい。野村は「僕がどんなことをしても受け入れてくれる器の大きい人」と賀来を信頼する。さらに「騒ぐような役もできるし、轟木のような陰りのある役もできる。轟木は『…』が多い役なので、『あれ、賀来くん怒っているのかな?』と感じる時もあって(笑)。でも話しかけてみると、全然怒っていなくて!色々な話をしました。僕が勝手に心配していただけですね」と続けると、賀来は「周平が勝手にね!」とにっこり。

賀来は「すごく面白い役者」と野村の印象を語る。「突飛な行動や言動をするところも清高役に合っていて。今回彼のお芝居がまったく予想できなかったんです。それは僕にはないものですし、だからこそ面白くて。轟木として新鮮なリアクションができたと思います」と野村とのコラボレーションを大いに楽しんだそうで、「周平には70歳になってもそのままでいてほしい」とお願い。これには野村も大爆笑だった。

楽しそうに撮影を振り返る姿からも相性の良さが感じられるが、野村は「賀来くんとは気を使わずにいられるんです。友達以上、恋人未満の関係」と賀来との関係を分析。賀来は「そうなの!?それは知らなかった(笑)」と驚きつつ「確かに居心地はよかったね」と同意。作品に流れる空気感が心地良いのは、この2人の呼吸がピタリと合っているからだろう。

彼らの個性と相性の良さをうまく引き出したのが、豊島圭介監督だ。野村は「豊島監督はお互いになんでも物事を言い合える環境を作ってくれたんです。友達みたいな関係でしたよ!ものすごく楽しく撮影ができて、監督は僕の性格をうまくつかんでいるなと思いました」と豊島監督のリードにより、存分に力を発揮することができたという。

賀来にとって、豊島監督とのタッグは『ソフトボーイ』(10)以来、約6年ぶりのこと。賀来は「成長したところを見せたいし、成長したなと思われたかった。緊張もしていましたし、気合いが入りました」と本作のクランクイン前は、いつもとは違う緊張感を抱えていたそう。撮影を終えてみて、「カメラマンさんやプロデューサーさんも『ソフトボーイ』のときと同じ方だったので、自分を改めて見つめなおせたような気がしています。キャリアを積み重ねたことにより、6年前よりも余計なものが身についてしまっていることだってある。そういったものを洗い流す時間も必要だと思います。すごく好きなチームで、5年ごとのサイクルで豊島組をやりたいくらいです」と豊島組は自身にとって特別な場所だ。

「豊島監督と、『今度はアクションをやりたいですね』と話しているんです」と賀来。「体が動くうちに、アクションやろうよ!」と誘うと、野村も「やりましょう!カーアクションをやりたいですね。『ワイルド・スピード』みたいな!」と笑顔で快諾。別々の人生を歩んできた2人が思いがけず交差する瞬間をみずみずしく描く『森山中教習所』。名コンビぶりを見せた野村周平と賀来賢人の道のりが再び重なることを楽しみに待ちたい。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:7月8日(金)10時0分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。