ここから本文です

上原多香子、卑屈な乙姫を演じ「不幸になるって評判」と熱唱

cinemacafe.net 7月8日(金)17時40分配信

おとぎ話「浦島太郎」をモチーフに、俳優の池田鉄洋が脚本を手がけるミュージカル「TARO URASHIMA」の製作発表会見が7月8日(金)、都内で行われ、池田さんをはじめ、主人公の浦島太郎を演じる木村了、乙姫役の上原多香子らが出席した。

【写真】「TARO URASHIMA」の製作発表会見

誰もが知っているおとぎ話ながら、よくよく考えると「なぜ?」な謎が多い「浦島太郎」を新解釈し、ミュージカル舞台化する本公演。木村さんは浦島太郎役のオファーに、当初は「ウソだねと(笑)。しかもミュージカルで? って思いました」と戸惑いもあった様子だが、「太郎の人生を僕なりに捉えて、皆さんにお届けできれば。夏休みですし、ご家族連れや観光にいらした外国人の皆さんにも見てもらえれば」とアピールした。

今年3月に女優の奥菜恵と結婚した木村さんは現在、奥菜さんの長女、次女と一緒に暮らしており「子どもに何度も『浦島太郎役だよ』って言うんですが、どうしても一寸法師だと勘違いしているみたいで…」と家庭内のエピソードも明かしていた。

一方、上原さんは“引きこもりの乙姫”を演じており、「卑屈さがマックスに達すると、180度キャラクターが変わるので、ちょっと心配ですが、皆さんのイメージとは違う乙姫に会いに来ていただければ」と意気込み。舞台では卑屈な性格を表すような楽曲、その名も「生まれてサーセン」を歌う予定で、会見でも「生きているだけで嫌われて」「だったらせめてひとりきり」「迷惑かけずに暮らしたい」「不幸になるって評判ですよ」など卑屈さ全開の歌詞を熱唱していた。

会見には斉藤暁(カメ役)、崎本大海(太郎の友人・ムサシ役)、滝口幸広(甲太子役)、辻本祐樹(ダイオウグソクムシ参謀役)、森田涼花(丙姫役)、竹内寿(クロダ氏/アイ鯛役)、中村太郎(ダテ氏/キスシ鯛役)、月岡弘一(ウエスギ氏/ツメタクシ鯛役)、桝井賢斗(カワイ氏/チョーネク鯛役)、香山佳祐(タケダ氏/ウバイ鯛役)、塩川渉(シタスギ氏/ヘン鯛)、舘形比呂一(タカアシガ二将軍役)、坂元健児(竜王役)、和泉元彌(スーパースター・帝役)、とよた真帆(竜王の正室・鯱姫役)が顔を揃えた。

ミュージカル「TARO URASHIMA」は8月11日(木・祝)~15日(月)明治座にて公演。

最終更新:7月8日(金)17時40分

cinemacafe.net