ここから本文です

川俣町「8月解除」撤回 山木屋地区の避難指示

福島民報 7月8日(金)9時58分配信

 東京電力福島第一原発事故に伴う福島県川俣町山木屋地区の避難指示解除を巡り、川俣町は7日、町議会全員協議会で8月末ごろの解除目標を撤回すると正式に町議会に伝えた。山木屋地区自治会から要望された平成29年3月末を候補の一つに目標時期を再設定する。
 町は解除目標延期を求める山木屋地区自治会の声に加え、町議会総務産業常任委から帰還後の生活に関する課題を指摘され、8月末ごろの解除に向けた住民懇談会を開くには時間が必要と判断した。
 古川道郎町長は全員協議会終了後、「29年3月という声に耳を傾けながら議会、住民と解除時期を協議したい」と話した。
 町は5月19日に山木屋地区の居住制限、避難指示解除両区域の避難指示解除について8月末ごろの解除目標を掲げた。自治会は解除後の生活環境が不安だとして平成29年3月末に延ばすよう町に要望。一部の町議からも反発が出ていた。

福島民報社

最終更新:7月8日(金)12時26分

福島民報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。