ここから本文です

国内ネットワーク設備投資市場は18年から増加に転じる 19年からは5G向け投資も始まる

エコノミックニュース 7/8(金) 8:22配信

 IT専門調査会社 IDC Japanは、国内通信事業者のネットワーク設備投資市場の2015年の分析と2016年~2020年の予測を発表した。

 ネットワーク設備投資市場は2018年以降増加に転じ、2015年~2020年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)はプラス0.1%、2020年の市場規模は1兆150億円とIDCでは予測している。

 2015年の市場はLTE向け設備投資が大きく減少したため、市場規模は2014年から18.9%減少し1兆77億円となった。移動体通信事業者は引き続き投資抑制を進めたが、一方で、新たにLTE-Advancedのキャリアアグリゲーションに対応する基地局ネットワークへの投資を行うなどの動きが見られたという。

 国内ネットワーク設備投資市場は、2018年から増加に転じると予測している。長距離通信事業者による400Gbps長距離伝送への投資の本格化や、モバイルデータトラフィックの継続的な増加に対応するため、LTE高速化の対応エリア拡大とキャリアアグリゲーションへのさらなる投資が見込まれるという。加えて、2019年からは、5G向け投資が始まるとIDCでは予測している。

 国内通信事業者は、基地局の小型化とオペレーション自動化に取り組み、投資抑制と効率化を推進している。IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの藤村成弘氏は「通信事業者は、2016年以降、2020年の5G商用化に向けたネットワークアーキテクチャ設計を本格化する。通信事業者向けネットワーク機器ベンダーは、ハードウェアやソフトウェアの提供にとどまらず、5Gを見据えて、設計から導入までをセットにしたソリューションと導入後の運用サポートを充実していくことが必要である」と分析している。(編集担当:慶尾六郎)

Economic News

最終更新:7/8(金) 8:22

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。