ここから本文です

日本で初めての「無人運転バス」が8月から運用スタート DeNAが千葉のイオンモール幕張新都心で

ねとらぼ 7月8日(金)7時10分配信

 ディー・エヌ・エーはフランスのEasyMileと共同で、無人運転バスを使用した交通サービス「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」をスタートさせます。まずは試験導入として、8月から千葉のイオンモール幕張新都心の来店者向けに、隣接する豊砂公園の敷地内で運用する予定です。

【自動運転車両「EZ10」】

 無人運転バスは、EasyMileの自動運転車両「EZ10」を利用。運転席はなく最大で12人乗車でき、設定したルート上をカメラ、各種センサー、GPSを用いて自車両の場所を測定しながら自動で走行します。ルート上に障害物を検知した場合は自動的に減速・停車するということです。

 バスは電気自動車で、全長は約4メートル、最大速度は時速40キロとなっています。EasyMileのYouTubeでは走行の様子が公開されています。

 現在、日本国内では私有地のみで走行が可能なため、各種公共施設・商業施設・テーマパーク・工場などの内部での運用を想定しているとのことです。

最終更新:7月8日(金)7時10分

ねとらぼ