ここから本文です

<水泳>土下座の朴泰桓”運命の7月8日”、土壇場でリオ五輪出場なるか…

WoW!Korea 7月8日(金)11時3分配信

運命の日は、7月8日に決まった。ドーピング違反により、リオデジャネイロ五輪への出場は不可能と宣告され、土下座で涙をみせた韓国の水泳選手パク・テファン(朴泰桓、26)。ここにきて土壇場で逆転出場となるか、世界の注目が集まる。

パク・テファンの紹介と写真

 大韓体育会の関係者は8日朝、「スポーツ仲裁裁判所(CAS)の決定が一日遅延する、と連絡が入った。審理時間が長引いているようだ」と明かし、焦りの表情をみせた。

 CASは韓国時間で7日午後(日本時間同じ)、パク・テファン側と大韓体育会の最終立場を整理した後、審理に入った。当初、7日午後または8日明け方には判決が出るものと予想されていた。しかし、8日早朝になっても結果が出ず、その後、8日午後5時までに最終通告すると通知した。

 タイムリミットは迫っている。国際水泳連盟(FINA)が定めたリオ五輪エントリー提出締め切りが「7月8日」となっているからだ。

 期限までに、手続きまですべて終了させる必要があるため、CASの決定が出次第、これに沿って韓国体育会がパク・テファンに対する最終的決定を下さなければならない。結果的に、「五輪出場」となった際には、迅速に手続きを進めなければ、タイムオーバーとなる可能性もある。

 マスコミの前で土下座し、涙を見せたパク・テファン。泣いても笑っても、きょう7月8日が彼の”運命の日”だ。

最終更新:7月8日(金)11時3分

WoW!Korea