ここから本文です

石田純一、都知事選出馬へ意欲 妻・理子は「やめてよね」

デイリースポーツ 7月8日(金)7時1分配信

 俳優の石田純一(62)が7日、東京・羽田空港でデイリースポーツなどの取材に応じ、東京都知事選(14日公示、31日投開票)への出馬に「気持ちはある」と前向きな姿勢をみせた。一部で野党統一候補として出馬が報じられたが、現時点では政党からの出馬要請などは一切ないという。ただ、市民団体と子育て支援や平和に向けた思いなど意見交換を行っており、早ければ8日にも決断する意向を示した。

【写真】カツラ着用明かした石田純一のビフォーアフター

 都知事選出馬に関して「まだ何も決めていない」と繰り返しながらも、石田は「意識はしている」と可能性に含みを持たせた。

 一部で民進党からの出馬説が報じられるなど、名前が浮上したことを受け、地方から帰京した羽田空港で会見。「政党からはどこからも要請はない」と現状を語った。ただ、子を持つ親として子育て問題や子供を戦争に行かせないことなど、自分と同じ考えの市民団体と「意見交換をしている」という。

 政界の現状を憂う気持ちが、自身を突き動かしている。「選挙の争点がわれわれの暮らしと離れていて。一般の方から“自分たちの声が届かない”というあきらめの声を聞く」と述べ、「もし機会があれば、力に変換していけたらいいなと思っている」と政界進出への思いを隠すことはなかった。

 昨年9月には安保法案反対の国会前デモに参加して抗議の声を上げるなど、積極的に自身の考えを発信してきた。知事になって取り組みたいことを問われると「一番は子育て支援。次の世代を戦争に送り出さないことが大前提。もし、出るなら争点にしていけたらと思う」と訴えた。

 出馬には大きな難関もある。プロゴルファーの妻・東尾理子(40)と結婚する際に「政治はダメ」と約束しており、報道を知った理子からは「やめてよね」と反対されているという。理子の父・東尾修氏(66)とも電話で会話したが「(出馬の)話はできていない」と家族の理解は得られてないようだ。

 出馬表明となれば、CMやテレビ出演に関するタレント活動にも制限がかかり、調整の必要が出てくる。しかし、スポンサーとの話し合いも「クリアできてないので」と、調整に入っていることは匂わせた。

 クリーンさが求められる政治家。異性関係で世間をにぎわせてきたモテ男だけに気になるところだが、異性関係、金銭面の身体検査にも「大丈夫。もちろんクリーンです」と胸を張った。

 14日に迫る告示に向け、「もったいぶる悪趣味はない。時間もない。明日か月曜日にも何らかのアクションを起こします」。決断は最終局面を迎えている。

最終更新:7月8日(金)7時37分

デイリースポーツ