ここから本文です

「デッドプール」ライアン・レイノルズ主演のSFアクション「セルフレス」予告公開

映画ナタリー 7月8日(金)12時0分配信

「デッドプール」のライアン・レイノルズ主演「セルフレス/覚醒した記憶」の予告編が到着した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、「インモータルズ -神々の戦い-」のターセム・シンが監督を務めたSFアクション。余命半年を宣告された大富豪ダミアンは、天才科学者のオルブライトに「遺伝子操作で作った肉体に頭脳を転送しないか」と持ちかけられ、莫大な金銭と引き換えに新たな肉体を得る。しかしその肉体はマークという妻子ある軍人のものであり、真実を知ったダミアンとマークの妻はオルブライト率いる秘密組織に命を狙われることに。68歳のダミアンをベン・キングズレー、マークの肉体を得たダミアンをレイノルズが演じている。

このたびYouTubeにて公開された予告編は、オルブライトがダミアンに新しい肉体を紹介するシーンから始まる。頭脳の転送に成功したダミアンは「“新車”は臭う」と冗談を言いつつ、新たな人生を堪能。しかし直後に映像は一転し、死んだはずのマークを前に戸惑いの涙を浮かべるマークの妻や、身に覚えのない特殊能力に困惑するダミアンなど不吉な場面が映し出されていく。また映像終盤には、銃撃戦や激しいカーアクションシーンも。

「セルフレス/覚醒した記憶」は、9月1日より東京・TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。



(c)2015 Focus Features LLC, and Shedding Distribution, LLC. 

最終更新:7月8日(金)12時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。