ここから本文です

【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

レスポンス 7月8日(金)14時15分配信

三菱ふそうトラック・バスは7月7日、『スーパーグレード』などのエンジン制御プログラムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、三菱ふそう『スーパーグレード』『エアロエース』『エアロクィーン』『エアロキング』、日産ディーゼル『スペースアローA』『スペースウイングA』の6車種で、2009年10月5日から2010年8月26日までに製造された計2650台。

大型トラック・バスのエンジン制御プログラムにおいて、低温時の補正制御が不適切なため、ピストンのピン穴上部に亀裂が生じる場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該亀裂の進展によってピストンが損傷し、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、エンジン制御プログラムを対策品に書換える。また、エンジンの油圧を点検し、ピストンに亀裂が生じている場合は、ピストン一式を新品に交換する。
不具合は16件発生、事故は起きていない。市場からの情報および国土交通省からの指摘により発見した。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月8日(金)14時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]