ここから本文です

DeNA筒香3年連続20号!左打者では球団初

デイリースポーツ 7月8日(金)9時0分配信

 「DeNA5-3ヤクルト」(7日、横浜スタジアム)

 4番の節目の一撃が流れを変えた。2点を追う六回無死一、二塁だ。DeNA・筒香嘉智外野手がヤクルト・村中の初球のスライダーを捉えると、打球は中堅左へ飛び込む逆転3ラン。これで3年連続で20本塁打に到達し、球団の左打者では史上初の記録となった。

 三回2死三塁の好機では初球を打って三邪飛。それでも「次の打席を見ていこうということはしない。自分の打てる球を打っていく気持ちだった」と自らの信念を貫いた積極性が生んだ一打だ。

 一時は同点とされるが流れは渡さない。七回に宮崎の勝ち越し適時二塁打に続き、筒香の左前適時打で勝負は決した。子供の頃、プロ野球での活躍を夢見た男は今、七夕の短冊に書きたい願いに「優勝です」と答える。七夕の夜空に描いたアーチは、夢の実現を期待させた。

最終更新:7月8日(金)9時30分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。