ここから本文です

オートバックス、Ingress公式イベントにブース出展…オンライン陣取りゲーム

レスポンス 7月8日(金)14時30分配信

オートバックスセブンは、4月より開始しているゲームアプリ「Ingress」とのコラボレーションの一環として、7月16日にお台場で開催されるIngress公式イベント「Ingress Aegis Nova -TOKYO-」にブース出展する。

[関連写真]

Ingressは、多人数が同時に参加でき、現実世界と仮想世界を融合させたスマートフォン向けオンラインゲーム。プレイヤーは、「レジスタンス(青)」と「エンライテンド(緑)」の2つのグループに分かれ、「ポータル」という拠点をつないで陣地を拡大していく。ポータルは現実世界のランドマークや公園、店舗などに隠されており、実際にその場所を訪れ、特定のアクションを起こすことで自陣に取り込むことができる。全世界のIngressプレイヤーは200か国にわたり、ダウンロード数は全世界合計で1400万回以上を記録。日本は米国に次いで2番目にプレイヤーが多いという。

Ingressユーザーが集うイベントは「XM Anomaly(アノマリー)」と呼ばれ、Ingressの世界におけるエネルギー「XM」の異常(anomaly)が特定の地域で生じたという設定で行われる。今回のイベントは、5月から世界各地で行われている「Ingress Aegis Nova」シリーズの最終決戦と位置付けられ、1万人を超える来場が見込まれ、特に大規模な「メガアノマリー」とも呼ばれている。

オートバックスは、今回の「Ingress Aegis Nova -TOKYO-」にブースを出展。当日は、Ingressとのコラボグッズの先行販売や、Ingressのイメージを表現したラッピングカーの展示を行い、あわせてカーラッピングの商談会も実施する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月8日(金)14時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。