ここから本文です

木村了、すっかりパパの顔!子供のカワイイ勘違いを暴露

シネマトゥデイ 7月8日(金)20時12分配信

 俳優の木村了が8日、都内で行われたオリジナルミュージカル「TARO URASHIMA」製作発表会見に出席。3月に女優の奥菜恵と結婚し、奥菜の連れ子である6歳と5歳の二女のパパになった木村は、自身演じる浦島太郎を、娘が一寸法師と信じてやまないことを不思議そうに明かした。

新解釈「浦島太郎」に個性豊かなキャストが集結!

 おとぎ話「浦島太郎」を新たな解釈でリメイクした本作は、世界一運の悪い浦島太郎とアクの強い登場人物たちが紡ぐ、コミカルかつシュールでちょっと暑苦しい物語。玉手箱を開けるとなぜおじいさんになってしまうのか? なぜ浦島太郎は海の底の竜宮城へたどり着けたのか? すべての謎がこの舞台で判明する。

 生まれながらのトラブルメーカー・浦島太郎役の木村は、人生で浦島太郎を演じるとは思っておらず、「ウソだね! しかもミュージカルで? それはチョイスを間違えたなと思いましたね」とぶっちゃけるが、「いただいたからには、国民の誰もが知っている浦島太郎の人生を僕なりに解釈してお届けしたい」と真摯(しんし)にコメント。

 本作を、「外国人観光客や老若男女に観てほしい」とアピールするものの、娘については「僕が浦島太郎と何回言っても一寸法師と言うので、多分観に来ても理解しないんじゃないかな」と首をかしげる。その理由を「あまり僕が浦島太郎という話をそこまで読んであげたことがないかもしれない。オーダーもされないので」と家庭でのパパぶりをのぞかせながら分析するが、「もし観に来ることができれば、浦島ファンになってくれるんじゃないかな」と期待も寄せた。

 この日は、池田鉄洋(脚本)、共演の上原多香子、斉藤暁、崎本大海、滝口幸広、辻本祐樹、森田涼花、竹内寿、中村太郎、月岡弘一、桝井賢斗、香山佳祐、塩川渉、舘形比呂一、坂元健児、和泉元彌、とよた真帆も登壇。

 脚本に抜擢された俳優としても活躍する池田は、浦島太郎の物語をミュージカルで、しかも伝統ある明治座で上演すると聞いて「ドッキリだと思いました」と打ち明けつつ、「今のところ戸惑いが80%ですごい不安なんですけど、確実に面白くなるワクワク感があるので、裏切られないと思います」と胸を張った。(取材/錦怜那)

オリジナルミュージカル「TARO URASHIMA」は明治座にて8月11日~15日にて上演

最終更新:7月8日(金)20時28分

シネマトゥデイ