ここから本文です

音喜多都議、石田出馬報道に驚き 「我々と質疑応答、想像できない」

デイリースポーツ 7月8日(金)9時54分配信

 東京都議会の音喜多駿議員が8日、TBS系「白熱ライブ ビビット」に生出演し、タレントの石田純一の都知事選出馬報道に「予想外、ビックリしました」と率直な気持ちを打ち明けた。

 音喜多議員は、MCの国分太一から「(石田が)当選した場合、上司というか、そういうことになりますが」と振られると「議会に立って我々と質疑応答している姿がまだ想像できない」とコメント。

 他の候補についても「まだまだこれからどうなるかわからない。東国原さんがポスター刷っているとか、噂話ですが、すぐに広まりますから」と、まだまだ立候補してくる人はいると予想していた。

 真矢ミキからは、立候補表明、または立候補は予想される顔ぶれの中で、政策はっきりされている方は?という質問が飛んだが「都議会やりやすい、想像がつきやすいのは増田(寛也)さんであるとか、長島(昭久)さん、小池(百合子)さん。バックグラウンドや実績あるので、どんな政策を打ち出すのか想像はしやすい。逆に石田さんなどは、今はまったくわからない」とコメント。

 真矢から「都議の中で人気があるのは?」と直球質問が飛んだが、音喜多議員は笑いながら「やはり最大会派の自民党さんが推していますので増田さんが本命だと。個人的には他の選択肢があると思うが」と話していた。

 音喜多議員は、石田が出馬した場合、政策として掲げている「子育て支援」「平和と安全な国作り」「持続可能な社会へ向け原発を考える」などについて、「子育てならば知事でなくても区議会議員でもできるし、平和や原発は国がやること。なぜ都知事なのかをもう少し丁寧に説明する必要がある」とも話した。

 音喜多議員は舛添要一前都知事の政治資金問題時に、マスメディアなどに数多く登場し、舛添氏に関する数々の問題を追及してきた。

最終更新:7月8日(金)13時5分

デイリースポーツ