ここから本文です

Apple、「macOS Sierra」のパブリックベータ提供開始

ITmedia ニュース 7月8日(金)8時24分配信

 米Appleは7月8日、Macの次期OS「macOS Sierra」のパブリックベータの提供を開始した。Apple Beta Software Programのページで参加を申しこめば、誰でもダウンロードできる。

インストール画面

 Appleが発表している対応端末は、2009年後半以降に発売の「MacBook」および「iMac」、2010年以降発売の「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」「Mac Pro」だ。

 Appleは、β版をインストールする前に、「Time Machine」でMacのバックアップを作成するよう強く勧めている。Time Machineを使ってのバックアップ方法はこちら。

 バックアップが完了したら、インストールページで「コードを使う」ボタンをクリックするとMac App Storeが開くので、指示に従って操作するとベータ版のダウンロードが始まる。ダウンロードが完了するとインストーラが起動するので、さらに指示に従っていく。

 macOS Sierraの正式版は今秋提供開始の予定だ。新機能についてはこちらにまとまっている。

 同日、モバイルOS「iOS 10」のβ版も公開された。

最終更新:7月8日(金)8時24分

ITmedia ニュース