ここから本文です

小嶋陽菜がAKB1期生の合宿は「嫌でした」と本音を告白

Movie Walker 7月8日(金)16時6分配信

AKB48を追ったドキュメンタリー映画の第5弾『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』の初日舞台挨拶が、7月8日にシネマメディアージュで開催され、AKB48のメンバー15名と石原真監督が登壇。本作でメンバーたちが、撮影時の裏話をクロストークした。小嶋陽菜は「当時、私は1期のメンバーで、唯一必死感がなかったです」と振り返り、苦笑いをした。

【写真を見る】渡辺麻友、柏木由紀、小嶋陽菜がミニスカで美脚を披露

小嶋は「結成当時のみんなの思い入れは強くて、メンバーの家に集まり、5人くらいに分かれて合宿したりしていました。私はすごく嫌でしたが、みんなで話し合うなど、熱い感じでした」と本音を告白。

さらに「私は必死じゃないので、毎年、ドキュメンタリーには映っていないし、今回も自分でも見落とすくらい映ってないので、是非、2回目も観てほしいです」とマイペースな発言をして笑いを取った。

柏木由紀は「後輩に厳しいことも言っちゃったりしていますが、プライベートでもメンバーと会うという仲の良いグループになったことは奇跡だなと。それを後輩につないでいってほしい、切磋琢磨していってほしい」と言って拍手を浴びた。

渡辺麻友も「3期は、末っ子チーム、ダメダメチームと言われていたけど、気づけばたくさんの後輩がいて。昔入ったメンバーといまのメンバーとの感覚の違いが出てきて、難しいなとは思うんですが、昔からいる私たちが教えるべきことがあると思うので、現役メンバーとして、若い子たちに教えたり伝えたりしないといけない。それを心がけています」と力強く語った。

舞台挨拶には、AKB48の入山杏奈、大島涼花、岡田奈々、柏木由紀、加藤玲奈、小嶋陽菜、小嶋真子、島崎遥香、高橋朱里、谷口めぐ、向井地美音、武藤十夢、村山彩希、横山由依、渡辺麻友、石原真監督の計16 名が登壇した。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:7月8日(金)16時22分

Movie Walker