ここから本文です

ベッカム家長男、1300万円で中国の携帯CM出演!

Movie Walker 7月8日(金)16時22分配信

過去にモデルをこなしたり、今ではバーバリーのフォトグラファーとして仕事を始めたベッカム家の長男ブルックリン・ベッカム(17)が、10万ポンド(約1300万円)でコマーシャル契約をしたことが分かった。

【写真を見る】親のすねかじりとは呼ばせない!活躍の幅を広げるブルックリン

ブルックリンが契約したのは、中国の通信機器メーカーであるファーウェイ(Huawei)で、契約料は10万ポンド(約1300万円)だとか。同社がブルックリンを選んだ理由については、「若く、同世代の子供たちの良いロールモデルだ。ソーシャルメディアで数百万人のフォロワーがおり、若者を良い方向に導くことのできる存在」とザ・サン紙に語っている。

5日にロンドンで行われた撮影で、ロングヘアを父親のデビッドのように上でまとめ、黒いジーンズに白と黒の格子柄のシャツを着たブルックリンが、お得意のスケボーを操る多数のシーンがデイリー・メール紙に掲載されているが、「モデル業もこなしているブルックリンは、カメラの前に立っても全く物怖じすることはなかったようで、撮影はスムーズに行われた」そうだ。

運転免許証を取得したばかりのブルックリンは、本体価格37600ポンド(約490万円)、1年間の保険が推定3万ポンド(約390万円)もかかるシルバーの2ドアタイプのCクラス、メルセデス・ベンツを乗り回し、「親のすねかじり」と揶揄されているが、車代はしっかり自分で稼いだようだ。【NY在住/JUNKO】

最終更新:7月8日(金)16時22分

Movie Walker