ここから本文です

七之助、2ショット報道に苦笑い「また、そんな話を…」

デイリースポーツ 7月8日(金)12時34分配信

 歌舞伎俳優の中村七之助(33)が8日、都内で行われた歌舞伎座の8月公演「廓噺山名屋浦里」(さとのうわさやまなやうらざと)の製作発表会見に出席した。6月に写真誌「FRIDAY」に報じられた女性とのツーショットについては「またそんな話を…」と苦笑いしていた。

 FRIDAYには「北川景子似のロングヘア美女」と一緒に書店や高級ホテルにいた模様が伝えられていた。会見の最後に話題を振られた七之助は「また、そんな話を…(歌舞伎を)よろしくお願いします」と切り返していた。

 今回の歌舞伎は笑福亭鶴瓶が、タモリから聞いた話に着想した新作落語「山名屋浦里」をもとにした新作歌舞伎。堅物の藩士と花魁を題材にした人情噺で、兄の中村勘九郎が藩士・酒井宗十郎を、七之助は花魁浦里を演じる。

最終更新:7月8日(金)12時42分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。