ここから本文です

U.F.Oの「ヤキソバン」がまさかの復活を果たすも54歳無職からの悪落ちEND 日清の新CMに悲しみが止まらない

ねとらぼ 7月8日(金)11時58分配信

 日清がカップ焼きそば「U.F.O」の新CM動画を公開し、まさかの「U.F.O仮面 ヤキソバン」が復活したと話題になっています。しかしその内容は、あまりにも予想外の展開となっていました。マジかよヤキソバン……。

【悪の道へ落ちるヤキソバン】

 ヤキソバンは、1990年代に「U.F.O」のCMに登場していたキャラクター。独特な衣装に身を包み、「ソースビーム」や「あげ玉ボンバー」などの技で戦う正義のヒーローでした。ちなみに、演じていたのはタレントのマイケル富岡さん。

 しかし、それから時が進んだ2016年。ヤキソバンは、54歳の無職になっていたのです。もうこの時点で哀愁がとんでもないことに。

 人々に忘れ去られたヤキソバンは、人々から“変な衣装を着た不審者”扱いしかしてもらえません。親子とすれ違えば「見ちゃいけません!」と子どもの目を隠され、学生からは笑いものにされ、胸の「U.F.O」の文字を見て「ウフォだってよ! ウフォウフォ!!」とゴリラのまねでからかわれる始末です。

 さらに、ヤキソバングッズ(当時は本当に販売されていました)は200円で売れ残り、警察には見つかった瞬間署まで同行を求められるヤキソバン。日清のオフィスビルに出向いて仕事をもらおうとするも、全員からスルーされます。とうとう、自分のグッズの寝袋で野宿生活を始めてしまいました。野宿の間、頭のなかを駆け巡るのは、息子「ソース」との思い出。つらい。

 とうとう、安い居酒屋で酒に逃げ出したヤキソバン。しかし、そこで別の客たちからは、「ヤキソバマン」と間違った名前で呼ばれ続けます。我慢の限界に達したヤキソバンは、とうとうブチ切れ! トレードマークでもある頭の「U.F.O」を「焼きそばなんてこりごりなんだよぉ!」と地面にたたき付けてしまいます。

 「焼きそばなんて滅びてしまえばいいんだ……地球ごと滅びてしまえばいいんだぁ!」と叫び店の外に走りだしたヤキソバンは、そのまま闇に消えてしまいます。それから数10年後……なんかよく分からない悪の組織っぽい宇宙船に乗ったヤキソバンは、なんか凄そうな仮面をかぶって魔王となり動画は終わります。あ、悪落ちENDだぁ! ちなみに、仮面を渡しているのは以前「浮くU.F.O」のマジックを見せたMr.マリック氏。

 当時リアルタイムでヤキソバンのCMを見ていた世代としては、こんな形で復活したのはなんとも感慨深いものがあります。時の流れは残酷だ……。

 以前公開された「エクストリーム編」のラストで割れた仮面から一瞬マイケル富岡氏が映り、吉川晃司さん演じるソースが「ファーザー!」とつぶやいたことからヤキソバンが復活するのではないかという声もありましたが、本当にその通りになりました。果たしてこのシリーズは今後も続くのか、気になります。

最終更新:7月9日(土)11時55分

ねとらぼ