ここから本文です

売野機子が音楽描く読み切り第2弾がFYに、作家25名のサインも当たる

コミックナタリー 7月8日(金)13時31分配信

本日7月8日に発売されたフィール・ヤング8月号(祥伝社)に、売野機子の読み切り「ゆみのたましい」が掲載されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

音楽を題材とした読み切りシリーズの第2弾「ゆみのたましい」は、音大教授の母を持つ少年・未来と、彼より6つ上の音大合格を目指す少女・ゆみによる物語。未来の母親にレッスンを受けるため毎週末にやってくるゆみと、そんな彼女に漠然とした憧れを抱く未来の日々が綴られる。

巻頭では25周年記念企画として、作家陣総勢25名の直筆サイン色紙プレゼント企画を実施。またリレー連載「漫画家ごはん日誌」は超拡大版に。浅野いにお、竹内佐千子、ひうらさとる、やまだないとら計11名が登場した。

さらに8月8日に発売される9月号には、誌面初登場の茜田千による読み切り「君が遺した理由(仮)」のほか、シバタヒカリ、須藤佑実の読み切りを掲載。なお本日、同誌で発表された、かわかみじゅんこ「中学聖日記」1巻と「パリパリ伝説」9巻、堀内三佳「味すごろく もりもり編」が発売されるので、手にとってみては。

最終更新:7月8日(金)13時31分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。