ここから本文です

簿記で世界を救う「女騎士、経理になる。」の作者2人がサイン会

コミックナタリー 7月8日(金)14時12分配信

Rootport原作による三ツ矢彰「女騎士、経理になる。」の2巻と、Rootportの小説「女騎士、経理になる。 1 鋳造された自由」の発売を記念し、2人のトークイベントとサイン会が、7月24日にTSUTAYA三軒茶屋店にて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

トークイベントは観覧自由。サイン会の参加希望者は、店頭にて「女騎士、経理になる。」2巻、もしくは「鋳造された自由」を購入し、整理券を受け取ろう。電話での予約も受け付けている。

デンシバーズにて連載中の「女騎士、経理になる。」は、RootportがTwitterで発表し話題を集めた、ファンタジー世界における税や会計にまつわるツイートをマンガとして再構成した作品。義理人情に厚い女騎士が、異能のスキルとされる簿記などを武器に、世の中を変えていく。

三ツ矢彰、Rootportトークイベント&サイン会
日時:2016年7月24日(日)14:00~16:00会場:TSUTAYA三軒茶屋店電話:03-5431-7788

最終更新:7月8日(金)14時12分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。