ここから本文です

読書中に“寝落ち”できる「泊まれる本屋」2店目が京都に

ITmedia ニュース 7月8日(金)13時5分配信

 「泊まれる本屋」がコンセプトのホステル「BOOK AND BED TOKYO」の2店目となる「BOOK AND BED TOKYO 京都店」が京都市内に秋にオープンする。場所や広さ、利用料金などの詳細は明らかにしていない。

 本棚の中にベッドが埋め込まれ、まるで本棚の中に眠るような構造のホステル。「読書をしてたら、いつの間にか寝てしまった」という「最高に幸せな寝る時間」が体験ができる。「泊まれる本屋」をうたうが、本は販売しない。

 1店舗目は東京・池袋に2015年にオープン。20~30代の女性中心に利用されており、都内近郊の客、国内旅行客、海外旅行客がそれぞれ約3分の1ずつという。

最終更新:7月8日(金)15時18分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。