ここから本文です

石田純一、CM&TV契約「ペナルティーも出てくる」 違約金も覚悟

デイリースポーツ 7月8日(金)15時3分配信

 14日告示の東京都知事選への出馬を検討している俳優の石田純一(62)が8日午後に都内で会見し、自身が野党統一候補となった場合に出馬する意向を明らかにした。また、出馬した場合、CMやテレビ局などとの契約について「ここ何日か、いろいろな話をさせていただき、ご理解していただいていることも多い」と説明。「何らかのペナルティーも出てくると思います」と違約金支払いも覚悟していることを明かした。

【写真】石田純一、恒例のアノ行事を中止に…

 昨年9月、安保法制反対のデモに参加したが、その影響で「話にくいですが…仕事も減ったりしています」と現状を告白。妻でプロゴルファーの東尾理子(40)からは「生活やっていけるの?税金払えるの?」と今後の生活を心配され、「反対」されていることも明かした。

 出馬を検討し始めてから、進行中のCMスポンサーと「相談」。テレビ出演などの仕事の問題についてもほぼ解決したというが、「一つ二つお話しをさせていただいている最中。大体、お話しをして許可というんですか、応援というものを(得た)。番組で言うと再放送もあるものですから、そこら辺が難しくてご迷惑をかけている。はっきり言うと叱られている部分もある。この後が怖いです」と先方を困惑させていることを謝罪し、恐縮した。

 CMはもちろん、出馬となれば、収録済みのテレビ番組やドラマなどの再放送もオンエアできなくなる。テレビ局側は収録ずみの番組については出演シーンをカットしたり、収録し直す必要が出てくるほか、再放送に関しては再収録、再編集が困難なことから共演者らへの違約金も発生する。突然の出馬となれば、影響は多大だ。

最終更新:7月8日(金)16時15分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。