ここから本文です

[芸能]BIGBANG 米誌の有名人長者番付入り=年44億円稼ぐ

聯合ニュース 7月8日(金)15時33分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国人気グループのBIGBANG(ビッグバン)が、米経済誌フォーブスの2016年版「世界で最も稼ぐ有名人100人(セレブリティー100)」ランキングに名を連ねたことが、8日までに分かった。

 フォーブス電子版はこのほど、「BIGBANG理論:K―POPスターはいかにして年間4400万ドル(約44億円)を稼いだのか」と題する記事を掲載し、BIGBANGがK―POPアーティストとして初めてランキング入りしたことを伝えた。

 記事によると、BIGBANGはこの1年間に税込みで4400万ドルを稼ぎ、米国で最も稼ぐ男性グループ、マルーン5の年間収入(3350万ドル)を上回ったという。

 メンバーのG-DRAGONはフォーブスとのインタビューで、マルーン5より稼いだとは全く知らなかったと驚きを見せ、「自分の収入は母親が管理している」と語った。

 記事はBIGBANGが所属する韓国大手芸能事務所、YGエンターテインメントについても詳しく紹介している。レコードレーベル、タレントマネジメント、公演企画をはじめ、ファッション、映画、マーケティングと幅広い分野でビジネスを展開しており、今年だけで2億5000万ドルの収益達成が見込まれていると伝えた。

 また、BIGBANGの成長ストーリーをはじめ、ガールズグループ2NE1(トゥエニィワン)が世界でアリーナツアーのチケットを完売したこと、歌手PSY(サイ)が2012年に発表した「江南スタイル」のミュージックビデオが動画投稿サイト「ユーチューブ」で再生回数26億回を突破したことなど、所属アーティストの活躍も伝えた。

 記事はさらに、YGエンターテインメントと創業者の梁鉉錫(ヤン・ヒョンソク)代表がK―POPの発展をリードしたとし、K―POPは今や全世界で流行していると紹介した。

 セレブリティー100ランキングは12日に正式に発表される。

最終更新:7月8日(金)15時55分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。