ここから本文です

Google、量子コンピュータによるサイバー攻撃に備え、新アルゴリズムの実験を開始

ITmedia ニュース 7月8日(金)13時36分配信

 米Googleは7月7日(現地時間)、将来起こり得る量子コンピュータを使ったサイバー攻撃に備え、攻撃対策のための実験を開始したと発表した。

 同社のWebブラウザ「Chrome」のデスクトップ版Cnaryエディションで実験する。ChromeとGoogleのサーバ間で現在使っているセキュリティ管理アルゴリズムの上に、“ポスト量子のキー交換アルゴリズム”を加えるという。こうすることで、参加ユーザーの安全を保ちながら実験することができるとしている。

 量子コンピュータはまだ実用段階になっていないが、稼働すればその圧倒的な処理能力により、現行の暗号化プロトコル「TLS」を容易に破壊できるとみられている。

 Googleは昨年12月、米航空宇宙局(NASA)と共同で導入したカナダの量子コンピュータ企業D-Wave Systemsの量子コンピュータ「D-Wave 2X」での問題解析速度が、シングルコアコンピュータの1億倍以上高速だったと発表。米IBM、米Microsoft、米Intelもそれぞれ量子コンピューティングの研究を推進している。

最終更新:7月8日(金)13時36分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]