ここから本文です

金を賭ければもっと野球観戦が熱くなる「カケザル 野球賭博編」キスカ新連載

コミックナタリー 7月8日(金)15時15分配信

太田ぐいや原作によるアビディ井上の新連載「カケザル 野球賭博編」が、本日7月8日発売の月刊キスカ8月号(竹書房)にてスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「カケザル 野球賭博編」は、野球の勝敗を賭けて大金が動く様子を描いた博徒もの。球場でビール販売のバイトをする女性が、エロオヤジに絡まれているところをイケメンに救われるところから物語は始まる。未来を知っているかのように試合展開を言い当てて見せる彼の正体とは。

なお8月8日発売の9月号では、カズミヤアキラが新連載「闇女-ヤミカノ-(仮)」を始動。美女が隠し持つ狂気を覗く新感覚サイコサスペンスと予告されている。

最終更新:7月8日(金)15時15分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。