ここから本文です

ペルソナバトルをアクション&3D演出で表現! 舞台『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』ゲネプロ公演リポート

ファミ通.com 7月8日(金)20時36分配信

文・取材・撮影:ライター 西川くん

●舞台上にはペルソナも登場!
 舞台『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』が、2016年7月6日(水)~7月10日(日)の期間、東京・シアターGロッソにて上演されている。本記事では、公演初日の前に実施されたゲネプロ公演をフォトリポートでお届けしよう。

 本公演は、アトラスの対戦格闘ゲーム『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』(以下、『P4U2』)を題材にした舞台。『ペルソナ4』シリーズの対戦格闘ゲームの2作目で、人気キャラクターたちのバトルや、『ペルソナ4』本編のその後が描くストーリーが楽しめる。

 今回の公演は、2014年に行われた舞台『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』の続編。キャスト陣は前公演からほぼ引き継ぎで、新たに花村陽介役として宮城紘大さんが加わった。また、ゲームで足立 透の声を担当している真殿光昭さんが、この舞台にも足立 透役として出演しているのが、ファンには驚き&うれしいポイント。さらに、新たに3D映像での演出が加わり、劇場で貸し出される3Dメガネをかけることで、より迫力のあるアクションが楽しめる。本記事の写真では、3D演出の様子を残念ながらお伝えできないので、ぜひ生の舞台で味わってほしい。

[関連記事] 南圭介、平野良ら注目の若手俳優が『P4U』の世界を再現! 舞台『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』ゲネプロ公演リポート

 舞台は『ペルソナ4』での事件後、留置所での足立 透の取り調べシーンから開幕する。刑事に悪態を付く足立だったが、そこに謎の男である皆月 翔が登場。取り調べを妨害し、足立を何かに利用しようと企んでいるようだが……。


 シーンは変わり、鳴上 悠と花村陽介は電話で過去の事件を振り返る。仲間たちと戦う羽目になってしまった“P-1 GrandPrix”の真犯人について考察していた。しかし午前0時を迎えたとき、突如“マヨナカテレビ”がスタート。事件のカギを握る(?)クマ総統が現れ、“P-1 CLIMAX”の開催を宣言すると同時に、稲羽市全体が謎の赤い霧に包まれるのだった。

 赤い霧に包まれた稲羽市へ、捕らわれたシャドウワーカーの仲間たちを救いに向かう白鐘直斗、ラビリス、斉川菊乃だったが、そこにもクマ総統が登場。仲間を助けたければ“P-1 CLIMAX”に参加しろと脅迫し、なんとヘリを撃墜してしまう……。

 と、ここまでで、『P4U2』をプレイした人はもうおわかりかもしれないが、本公演は『P4U2』で語られたP4編、足立編のストーリーをミックスし、アレンジしたものとなっている。

 鳴上はベルベットルームに呼び出され、エリザベスに今回の事件についての忠告を受ける。ベルベットルームを抜けるとそこは赤い霧に包まれたジュネスで、花村と合流することに。しかし、そこに桐条美鶴とアイギスが登場し、なぜか戦いを挑んでくるのだが……? 以降のストーリーは、ぜひ劇場で確かめてほしい。

 ここからは、一部シーンを抜粋して皆さんにお届けしよう。


 バトルシーンでは、武器を使った殺陣が盛りだくさん。傾きのあるステージによって、アクションシーンがより立体的に。


 また、3D映像を駆使したペルソナバトルも見どころ。飛び出すペルソナたちは大迫力で、まるでキャラクターたちが本当にペルソナを使っているかのようだった。とくに鳴上&足立がくり出すイザナギ&マガツイザナギと、終盤のペルソナバトルは必見!

 3D映像が使用されていたのは、バトルだけではない。巽 完二の偽者が現れるときには、3D映像の完二が現れ、まるで本当にふたり存在しているかのように見えた。まったく同じ動きをするふたりの完二の姿に、筆者は思わず笑ってしまった。このほかにも、コメディシーンや日常風景が垣間見えるシーンもたっぷり盛り込まれている。

 ゲネプロの最後には、南圭介さんが舞台上でご挨拶。「千秋楽まで駆け抜けていきます」と意気込みを語った。

 本記事で紹介したポイント以外にも、見どころは盛りだくさんの舞台『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』。可能ならば、ぜひ劇場で体験してほしい。また千秋楽は、全国の劇場でライブビューイングも行われるので、劇場まで行けないという人は映画館でチェックしてみよう。

●公演概要
◆公演名:舞台『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』
◆公演期間:2016年7月6日(水)~7月10日(日)
◆会場:東京・シアターGロッソ
◆演出:奥秀太郎
◆脚本:井上美緒
◆音楽:目黒将司(アトラス)、喜多條敦志(アトラス)
◆出演
鳴上悠:南圭介
花村陽介:宮城紘大
巽完二:滝川英治
天城雪子:青木志貴
里中千枝:小市眞琴
久慈川りせ:麻生夏子
白鐘直斗:浅倉結希
桐条美鶴:田野アサミ
アイギス:宮原華音
ラビリス:青野楓
エリザベス:吉川麻美
斉川菊乃:藤岡沙也香
皆月翔:友常勇気
足立透:真殿光昭
真田明彦:藤原祐規(3D映像出演)
幾月修司:本多章一(3D映像出演)
◆製作:P4U2 STAGE PROJECT
◆チケット代金:SS席 9500円[税込]S席 6900円[税込]
※未就学児童の入場はご遠慮ください。

最終更新:7月8日(金)20時36分

ファミ通.com