ここから本文です

米アリゾナ大学、太陽が3つある惑星を発見 天体の位置関係により140年間、夜が来ない期間も

ねとらぼ 7月8日(金)16時26分配信

 米国アリゾナ大学が率いる研究チームが、太陽が3つある変わった惑星を発見したことを発表しました。

【太陽が3つある惑星のイメージ】

 「HD 131399Ab」は誕生から1600万年しか経過しておらず、これまでに発見された中で最も若い系外惑星の1つ。地球から340光年離れており、ケンタウルス座に位置しています。表面温度は約580℃で、推定質量は木星の4倍ほど。太陽のような役割を果たす恒星が3つあり、その1つの周囲を550年かけて公転しています。もう2つは互いに接近し、ペアのようになっています。

 ほとんどの間、「HD 131399Ab」からは3つの恒星が近接して見え、昼と夜はあるものの恒星が交互に現れるため、夜のない期間も。これは公転の4分の1にあたり、約140年間続くそうです。

 宇宙のスケールが大きすぎて想像しがたい話ですが、地球で言うと、絶え間なく現れる太陽のせいで3カ月にわたって夜が来ないような感じなのでしょうか。

最終更新:7月8日(金)16時26分

ねとらぼ