ここから本文です

<水泳>”土下座で号泣”の朴泰桓、リオ五輪出場の最終結果を待つ弁護士「遅延行為しないで」

WoW!Korea 7月8日(金)17時58分配信

土下座に号泣でリオ五輪出場を訴えた韓国水泳選手パク・テファン(朴泰桓、26)が、最終的な結果発表を待っている。8日午後6時現在、公式発表はされていない。

パク・テファンの紹介と写真

 8日午前、韓国体育会はCAS(スポーツ仲裁裁判所)からの通知を受けた上で緊急会議を開き、最終的に結論を下すとしている。

 パク・テファン側のイム・ソンウ弁護士はこの日、「エントリー締め切り(本日/7月8日)を前に、大韓体育会が”時間引き延ばし”行為だけはしないでほしい」と訴えている。

 パク・テファンは2014年、禁止薬品投与で国際水泳連盟(FINA)から18か月の選手資格停止処分を受け、今年3月3日に処分満了となった。そして、4月25日~28日までおこなわれた国家代表選抜戦を兼ねた第88回東亜水泳大会で、18か月ぶりの復帰戦に臨んだ。

 当時、パク・テファンは自由型1500メートル、200メートル、400メートル、100メートルを席巻し4冠王となり、男子選手としてはFINAが定めたリオ五輪出場資格記録を唯一すべて通過。しかし、国家代表選抜規定により、代表から除外されていた。

最終更新:7月8日(金)17時58分

WoW!Korea