ここから本文です

マクラーレン・ホンダのICT基盤をNTTコムが提供、解析結果をレース会場で共有

MONOist 7月8日(金)17時0分配信

 F1レーシングチームのMcLaren-Honda(マクラーレン・ホンダ)とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2016年7月8日、同日から3年間のテクノロジー・パートナーシップ契約を締結すると発表した。

【2016年シーズンのマクラーレン・ホンダのF1レースカーなどその他の画像】

 両社は、ネットワークやクラウド、IoT(モノのインターネット)、データ収集や解析に関わる最新の技術を用いて、F1チームを支えるために最適なパフォーマンスを持つICT基盤の構築に向け、相互に協力を開始する。

 協力の第1弾として、NTT Comが2016年秋から、マクラーレン・ホンダを含むマクラーレングループに対して、レースデータなどの収集や解析、結果の伝達などを即時かつ確実に実行できるICT基盤の提供を始める。レースデータは、レース会場であるサーキット内だけでなく、サーキットとテクニカルセンターの間など国を越えてりありタイムで飛び交うことになる。NTT Comは、ネットワーク、クラウド、NFV(Network Functions Virtualization、それらを一元運用できるICT基盤を提供する。

 マクラーレンは、F1のレース会場や走行中のレース車両などから取得される大量のデジタルデータを、より早くかつ確実に、McLaren Technology Centre(英国ウォーキング)などを含めた世界中のデータ分析/支援拠点へ伝送できるICT環境を必要としていた。各拠点からのデータ解析結果が、確実にレース会場で共有され、最速で対策を実行できることは、レーシングチームのパフォーマンスにも影響するからだ。

 そのためNTT Comは、英国、スペイン、米国、シンガポール、日本などにあるマクラーレンの拠点間を、国際ネットワークおよびNFVサービス「Arcstar Universal One」で接続する。同サービスは、週末のレース中に、レーシングカーなどから収集し発生する大容量のデータを、リアルタイムにマクラーレンの技術チームまで伝送し、即座に分析結果をレースに反映するための不可欠なネットワークになるという。また、NTT Comは今後、マクラーレンのICT基盤自体の柔軟性や信頼性をエンドツーエンドで向上させるため、拠点間ネットワーク(WAN)と各拠点内ネットワーク(LAN)の管理を統合していく予定である。

 さらにNTT Comは、マクラーレンの事業の柔軟性や技術変革の加速に向け、多くの企業のクラウドサービスへの移行をリードしてきた知見を生かし、用途によって共有型/専有型、双方から選択できるクラウドサービス「Enterprise Cloud」と、他社サービス含め複数のクラウド基盤を顧客が一元的に管理可能なCMP「Cloud Management Platform」を提供する。

 McLaren Technology Group会長兼CEOのロン・デニス氏は「高い技術力とブランド力を誇るマクラーレン・ホンダのパートナーに、NTT Comを招くことができとてもうれしく思う。NTTは、日本での電信サービスの提供以来、技術とともに実績を積み上げてきた。一方マクラーレンは、イノベーションとともに歩んできた。マクラーレンの絶え間ない革新のため、信頼に値する、そしてコミュニケーション技術をリードするNTT Comと、力を合わせて歩んでいきたい。マクラーレン・ホンダは、NTT Comが提供する、大容量のデータ通信を柔軟かつ安定的に実現するICT基盤により、遅延なく必要なシステムやデータにアクセスすることができるようになる」と述べている。

最終更新:7月8日(金)17時0分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]