ここから本文です

エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー、極上音響での上映が決定

映画ナタリー 7月8日(金)17時30分配信

2011年に27歳の若さで逝去した英国のシンガーソングライター、エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー「AMY エイミー」が、東京・立川シネマシティにて極上音響上映されることが決まった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

第50回グラミー賞にて5部門受賞を果たしたワインハウスの半生を追った本作。ステージに立つ華々しいアーティストとしての姿だけでなく、恋人や家族との時間を過ごす1人の女性としての素朴な一面も映し出す。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞、第69回英国アカデミー賞ドキュメンタリー賞、第58回グラミー賞最優秀音楽映画賞などに輝いた。監督は「アイルトン・セナ ~音速の彼方へ」のアシフ・カパディア。

極上音響上映とは、通常の映画用とは異なり、音楽ライブ用の音響セッティングを用いた上映スタイル。劇中のライブシーンやレコーディング風景など、本作を彩るエイミーの歌声や息遣いをより“生”に近い感覚で体感することができる。立川シネマシティ番組担当の椿原敦一郎氏は「純粋に音楽に打ち込んだエイミーの思いが、エイミーを知らない人、エイミーにより近い女性だけでなく同世代に届くことを確信して、極上音響で上映させていただきます!」とコメントを寄せている。

「AMY エイミー」は7月16日より立川シネマシティのほか、東京・角川シネマ有楽町など全国でロードショー。



(c)2015 Universal Music Operations Limited.

最終更新:7月8日(金)17時30分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。