ここから本文です

インダストリー4.0対応の切削工具の3次元CADデータを提供開始

MONOist 7月8日(金)18時25分配信

 三菱マテリアルは2016年6月16日、国内外のユーザーへ効率的に技術情報を提示するため、インダストリー4.0に対応した切削工具の3次元CADデータの提供を開始した。

 ドイツ政府が推進するインダストリー4.0では、製造現場の最適化に向け、IoT(モノのインターネット)などの情報技術を活用し、あらゆる領域でネットワーク化が必要となっている。そのため、共有データの標準化が重要とされ、切削工具のデータについても、インダストリー4.0に対応した国際規格「ISO13399」および「GTC(Generic Tool Catalog)」に準拠したデータの提供が求められている。

 今回同社では、カタログに掲載する標準品の切削工具を対象に、これらの規格に準拠した3次元CADデータを公開する。データは、切削加工のソリューションを提供するスイスのMachiningCloudのウェブサイトを通じて入手できる。ユーザーは、マシニングセンターやCNC旋盤で切削加工をする前に、ダウンロードした3次元CADデータで切削シミュレーションを行い、高精度な動作確認や加工プログラムの作成が可能になるという。

 また、MachiningCloudは、ISO13399やGTCで定義された組み合わせ情報を使って、自動的に必要部材を組み合わせる機能を備えている。これによりユーザーは、シミュレーションに必要な切削工具の3次元CADデータの各パーツを簡単に組み合わせることができる。さらに、同ウェブサイトでは、PCやタブレット端末で切削工具製品名を選択すると、何万種類もの切削工具のCADデータを無償で入手できる。

最終更新:7月8日(金)18時25分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]