ここから本文です

「坂本ですが?」イベントで、アニメオリジナルエピソードの第13話を上映

コミックナタリー 7月8日(金)18時0分配信

佐野菜見原作によるテレビアニメ「坂本ですが?」の、アニメオリジナルエピソードとなる第13話が、9月10日に東京・ニッショーホールで開催される「『坂本ですが?』スペシャルイベント~イベントさえもスタイリッシュに~」で上映される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

先日放送された12話で最終回を迎えたアニメ「坂本ですが?」。12話「さよなら坂本君」は、宇宙開発組織の招きにより坂本が高校を去るというストーリーだったが、13話はその数カ月後を舞台とし、坂本の活躍が新聞の号外に載るシーンから始まるという。

イベントは2部制で、トークショーやプレゼント抽選会も予定。坂本役の緑川光、まりお役の武内健、ケンケン役の檜山修之のほか、深瀬さん役の岩田光央が第1部のみ、あっちゃん役の杉田智和が第2部のみ参加する。発売中のBlu-ray / DVD第1巻初回製造分には第1部の、7月27日に発売される第2巻には第2部の優先申し込みシリアルナンバーが封入されている。

「坂本ですが?」スペシャルイベント~イベントさえもスタイリッシュに~
日時:2016年9月10日(土) 第1部14:00開場、15:00開演/第2部17:30開場、18:30開演会場:ニッショーホール住所:東京都港区虎ノ門2-9-16出演者:緑川光、杉田智和(第2部のみ)、武内健、檜山修之、岩田光央(第1部のみ)入場料:5600円

(c)佐野菜見・KADOKAWA/坂本ですが?製作委員会 (c)佐野菜見/KADOKAWA

最終更新:7月8日(金)18時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。