ここから本文です

東尾理子は石田の出馬にTVで反対表明「支える自信ない」…ブログでも

デイリースポーツ 7月8日(金)18時26分配信

 俳優・石田純一(62)が8日、都内で会見し、「野党統一候補なら」と都知事選への出馬意欲を示したことを受け、妻でプロゴルファーの東尾理子(40)がテレビ西日本「ももち浜ストア夕方版」に生出演し、「わたしはできれば出馬してほしくないなとは思っています」と反対の姿勢を明確にした。理子はTV出演に先立ち、ブログを更新し、「出馬しない事を願っております」と出馬に反対の姿勢を表明していた。

 出馬を反対する一番の理由には「妻としては主人を支えたいが、自信がない」と政治家の妻になることへの不安を打ち明け、「政治家ってひとりだけでやれるものじゃなくて、周りのサポートって…何でもそうですね。大切ですけども、自分にその力があるのか、と自分の方の不安もある。支えたいんですけど、自信がないですね」と説明した。

 夫が会見した時間は福岡に飛行機で移動中。「まさかテレビで(※テレビのカメラの前で)本当にそういうこと言ったんだと私もびっくりしました」と驚きを隠せなかった。それでも「妻として主人を支えたい。周りが『ちょっと大丈夫?』という主人ですが、いいところもいっぱいあるし、支えたいという気持ちは強いんですが、今回は支えきれるのかな」と話していた。

 結婚当初から政治家になるのは「やめてよね」と石田にクギを刺していたことも明かした。

 理子はこの日、ブログでも「この度は本当に驚きました」と“出馬表明”に衝撃を受けたことを明かし、「正直、家族での話し合いはまだ出来ておりません」と家族会議がないまま、石田が会見を行ったことを伝えた。

 石田はこの日の会見で、「理子は(出馬に)反対」と苦笑い。昨年9月、安保法制反対のデモに参加し、その影響で仕事が減り、「生活やっていけるの?」「税金払えるの?」と心配されたことを明かしていた。

 石田は09年末に理子と3度目の結婚。12年に第1子となる長男・理汰郎君が、今年3月24日には不妊治療の末、第2子となる長女・青葉ちゃんが誕生したばかり。

最終更新:7月8日(金)18時54分

デイリースポーツ