ここから本文です

<水泳>”土下座で号泣”の朴泰桓、リオ五輪出場へ

WoW!Korea 7月8日(金)21時32分配信

土下座に号泣でリオ五輪出場を訴えた韓国水泳選手パク・テファン(朴泰桓、26)の最終的な結果は、出場できることとなった。

パク・テファンの紹介と写真

 8日午後、韓国体育会はCAS(スポーツ仲裁裁判所)からの通知を受けた上で緊急会議を開き、最終的に五輪出場の資格を認めるという結論を下した。その結果を受け、大韓体育会もそれに従うことにしたという。

 パク・テファンは2014年、禁止薬品投与で国際水泳連盟(FINA)から18か月の選手資格停止処分を受け、今年3月3日に処分満了となった。そして、4月25日~28日までおこなわれた国家代表選抜戦を兼ねた第88回東亜水泳大会で、18か月ぶりの復帰戦に臨んだ。

 当時、パク・テファンは自由型1500メートル、200メートル、400メートル、100メートルを席巻し4冠王となり、男子選手としてはFINAが定めたリオ五輪出場資格記録を唯一すべて通過。しかし、国家代表選抜規定により、代表から除外されていた。

 なお、国際水泳連盟(FINA)のリオ五輪エントリー提出締め切りは7月8日となっている。

最終更新:7月8日(金)21時56分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。