ここから本文です

EIZO、「ColorEdge」愛用の写真家75人を紹介するスペシャルページを開設

ITmedia LifeStyle 7月8日(金)17時55分配信

 EIZOは7月7日、「写真家75名、唯一の選択」というスペシャルページを開設した。

【コメントを寄せた写真家75人一覧】

 このページは、EIZOのプロ向け液晶ディスプレイ「ColorEdge」シリーズを愛用する写真家たちから「あなたにとってColorEdgeとは?」というコメントを寄せてもらったもの。コメントの多くは、ColorEdgeの色の正確性や、自動キャリブレーションなど、写真を忠実に再現できるということに強く信頼を置いているという内容だ。以下に写真家たちのコメントの一部を引用、抜粋して紹介しよう。

 「旅先で楽しい酒が飲めるのは小型のカラーエッジが無いからである」(伊藤徹也氏)

 「グラデーションがかかった柴犬まるの色を忠実に再現するモニター」(小野慎二郎氏)

 「プロユーザーの声を聞き即製品に反映してくれる企業姿勢に惚れ込んで20余年」(笠井享氏)

 「僕にとって最も信頼できる色基準」(河野英喜氏)

 「写真を見るなら最高はColorEdge。そして、最低もColorEdge」佐々木啓太氏)

 「フィルムを使っていた頃よりデジタルはシビアな世界なんだなと気づかせてくれた存在」(高山幸三氏)

 「モニターとプリントの色が完全に合致したとき感動をおぼえました」(中村陽子氏)

 「デジタル時代のライトボックス」(村上悠太氏)

 「これで見なければ正解な色が判断できない。露出計のようなもの」(村田一朗氏)

 写真家75人一覧は以下の通り。(敬称略、50音順)

最終更新:7月8日(金)17時55分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]