ここから本文です

阪神・藤浪、自己最多161球で8失点 暴投にボークと散々

デイリースポーツ 7月8日(金)21時0分配信

 「阪神-広島」(8日、甲子園球場)

 阪神先発の藤浪が、8回を投げ7安打8失点で降板した。8失点は自己ワーストだった。

 初回からつまずいた。1番・田中に四球を与えるなどして2死満塁のピンチを招くと、6番・鈴木に左翼へ先制2点打を浴びた。さらに7番・安部の打席では、一走・鈴木と三走・ルナが重盗。捕手・岡崎の二塁への送球がそれ、ルナの生還を許した。

 二回には田中に右翼席へのソロアーチを被弾。三回にも松山の犠飛で1点を失った。八回には2死満塁から代打・岩本に走者一掃の適時三塁打を打たれてうなだれた。

 この試合は暴投に、けん制悪送球、さらに八回にはボークも記録。自己最多に並ぶ13奪三振を奪ったものの、費やした球数は161球は自己最多だった。

最終更新:7月8日(金)22時57分

デイリースポーツ