ここから本文です

アゴが魚類最速の速度で飛び出す「悪魔のサメ」 ミツクリザメの驚異の捕食行動が初解明される

ねとらぼ 7月8日(金)21時2分配信

 北海道大学の仲谷一宏名誉教授らが、ミツクリザメの捕食行動を撮影した世界初の映像の解析結果を発表。「悪魔のサメ」の驚異の捕食行動が明らかになりました。

【衝撃の捕食シーン】

 ミツクリザメは恐ろしげな姿から「悪魔のサメ」と呼ばれる深海ザメ。前方に大きく飛び出すアゴが最大の特徴ですが、1989年の発見以来そのアゴが捕食時にどう使われるのかははっきりと分かっていませんでした。

 研究チームはNHKが世界で初めて撮影に成功したミツクリザメの捕食映像を詳細に解析。その結果、アゴを120度近くまで大きく開き、アゴ全体を前方に突出させながら閉じる、という行動をわずか約0.3秒の間に行っていたことが明らかになりました。

 下アゴ先端の移動速度は秒速3.14メートルで、過去に測定された魚類と比べても最速。アゴの突出距離も他のサメ類の2.1倍から9.5倍となっています。アゴを突出させる行動自体は他のサメ類にも見られるものですが、ミツクリザメはその距離と速度を飛び抜けて発達させたサメであることが分かりました。

 ミツクリザメは非常に泳ぐ速度が遅いため、アゴを超高速で前方に放り投げるというこの特殊な捕食行動を発達させていったのではないかとのこと。研究チームではこれを「パチンコ式摂餌」と命名しており、サメ類がどのように深海に適応・進化していったかを示す新発見だと伝えています。

最終更新:7月8日(金)21時2分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]