ここから本文です

西武の大阪桐蔭トリオが一発攻勢 森、中村、浅村…おまけにメヒアも主軸そろい踏み

デイリースポーツ 7月8日(金)21時45分配信

 「西武8-4オリックス」(8日、西武プリンスドーム)

 西武が一発攻勢で逆転勝ちした。連敗を3で止めた。

 3点を追う四回は、6番に入ったメヒアがリーグ単独トップの25号ソロを放ち、さらに秋山の犠飛で1点差に迫る。

 五回には3番の森が無死一塁から5号2ランを放ち、逆転に成功。さらに中村も12号本塁打で続いた。七回には5番の浅村も12号ソロを放ち、主軸そろい踏みの一発攻勢でオリックスを突き放した。

 先発のバンヘッケンは四回途中4失点で降板も、その後は小刻みな継投でオリックス打線に得点を許さなかった。2番手の十亀に勝ちが付いて、2勝目。

 中村、浅村と“大阪桐蔭トリオ”で一発を放った森は、「得点圏の打率が低かったので何とか打ちたかった。本塁打は会心の当たり。気持ちいいっすね」と笑みを浮かべていた。

 オリックスは先発した山田が五回途中5失点でKO。打線は初回に西野が今季1号の先頭打者弾を放つなど一時は3点をリードしたが、五回以降は得点機にあと一本が出ず、3連敗を喫した。

最終更新:7月8日(金)22時21分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報