ここから本文です

巨人・高橋監督、大竹寛の投球を絶賛「粘って投げたのが全て」

デイリースポーツ 7月8日(金)22時10分配信

 「巨人3-1DeNA」(8日、東京ドーム)

 巨人が逆転勝ちで3位に浮上した。1-1の七回、2死二、三塁から、途中出場の大田が左中間に2点適時三塁打を放ち、勝ち越しに成功した。先発の大竹寛は7回を投げ8安打1失点で6月2日のオリックス戦以来となる2勝目(1敗)を挙げた。

 高橋監督はインタビューで「大竹(寛)が粘って投げたのが全てかなと思いますね」と、その投球を絶賛。毎回のように走者を背負いながら、失ったのは三回、犠飛による1点だけだった。

 1-1で迎えた七回の攻撃では、大竹寛の代打で先頭の打席に立ったドラフト5位・山本(慶大)の二塁打から好機をつくり、大田が決勝の2点三塁打。大竹寛に勝ちを付けたことに、指揮官は「大竹の頑張りを、みんなが感じたんだと思います」と語った。

 これでチームは借金3。当面は勝率5割が目標となるが「当然早くそこに戻さなくちゃいけないんですけど、一つずつ取っていかないとそこに行き着かないので」と、一戦一戦を強調した。

最終更新:7月8日(金)22時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報