ここから本文です

藤子・Fミュージアム5周年!100点集結の「ドラえもん」名作原画展が明日から

コミックナタリー 7月8日(金)22時48分配信

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」にて、開館5周年を記念した「ドラえもん名作原画展 ミュージアムセレクション」と、今夏を盛り上げるための「サマーフェア 2016~ドラ夏~」が明日7月9日から行われる。本日7月8日にはプレス向けの内覧会が行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ドラえもん名作原画展 ミュージアムセレクション」の会期は3期に分けられ、第1期は明日から、第2期は11月から、第3期は2017年3月から行われる。1期では「ネズミとばくだん」「パパもあまえんぼ」といったエピソードから100点以上の原稿を展示。セリフが手書きのものや写植の紙が貼り付けられたもの、モノクロからカラーまで所狭しと飾られる。

3階のミュージアムカフェでは「サマーフェア2016~ドラ夏~」限定の、「プリン・ドラ・モード」「ウメ星デンカの梅トマつけめん」「畑のレストラン 夏野菜バーガー」など夏らしい新たなフードメニューを提供する。またグッズコーナーでもフェア限定の手ぬぐいや扇子といった、暑い夏を涼しくするアイテムが登場。なおフェアの期間中は、グッズを1000円購入するごとにポストカードがプレゼントされる。

また屋上スペース“はらっぱ”には今夏、おなじみの土管やきれいなジャイアンのモニュメントに加え、新たにコロ助が登場。ベンチに座るコロ助とともに写真を撮って楽しもう。

内覧会では、館長兼藤子プロ代表取締役社長の伊藤善章が挨拶した。伊藤館長は「普段こういうメガネではないんですが、記念展ということでのび太メガネです」と微笑みながら丸い黒縁のメガネを見せる。「5年前、前日まで吹き荒れていた台風が止んで、まさにドラえもんブルーの青空のもと開館したことを覚えています。先生の作品を読んでいただいて、平和や安らぎを感じてもらいたい」と語った。

なお9月に向けては、送迎ラッピングバスも全面リニューアルされる予定とのこと。5年目を迎えますます盛り上がりをみせる「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」に、足を運んでみては。

「ドラえもん 名作原画展 ミュージアムセレクション」
期間:2016年7月9日(土)~2017年6月30日(金)予定会場:川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム住所:神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1料金:大人・大学生1000円、高校・中学生700円、子供(4歳以上)500円

「サマーフェア 2016~ドラ夏~」
期間:2016年7月9日(土)~9月2日(金)予定

最終更新:7月8日(金)22時48分

コミックナタリー