ここから本文です

林修氏、ブログコメント欄一時閉鎖 “二次情報”増え「混乱も生じかねない」

オリコン 7月8日(金)11時32分配信

 予備校講師でタレントの林修氏が8日、公式ブログを更新。当面の間、コメント受付を停止することを報告した。

 コメント欄に関して「原則的に質問や相談には一切お答えしないということを以前に何度もお伝えしております」という林氏。「どうしても全員にお答えできない以上、不公平感が生じるのを防ぐための措置とご理解いただければ幸いです。(投稿したコメントが、なぜ掲載されないのかとお思いになっていた方もいらっしゃると思いますが、そういった事情をご理解ください)」と、コメント欄の位置づけを改めて説明した。

 続けて「僕個人は昔から批判されることには慣れているうえに、これだけ露出していれば、当然そういう声も上がってくるものと考えております。ですから、批判・非難(と思われる)コメントは、そのまま掲載してきました」と明かし「なかには、あの発言をそういう理解をする人がいるんだと驚かされるたものもありますが、そういう理解をする人もいることを頭に入れて発言しようという指針をいただいたとも思って、逆に感謝してきました」とつづった。

 しかし最近では「原発言を直接聞いたものではなく、一種の『編集』を経た、いわゆる『二次情報』(ネットに多数見受けられます)をもとにしたとしか思われないものが増え(当然、誤解を招きやすい)、そのせいか、最近はかなり『元気な』というか『乱暴な』ものも、見受けられるようになりました」と現状を伝え「そういったものをそのまま載せると『荒れる』ことにもなりかねないので、さすがに掲載を控えたものもあります」とした。

 「ネットリテラシーの巧拙の問われる、難しい時代です」とした林氏。「本当はコメントを受け付けられるようにしておきたいんですよ」と思いを明かしながらも「いろいろ考えると、このままでは混乱も生じかねないので、当面、コメント受付を停止いたします」と報告。

 最後は「様子を見て再開する予定ですので、この点もご理解いただければ幸いです」と呼びかけ「繰り返しますが、今までに何かあったということではありません。これからも、何も起きないようにという判断に基づく措置です。よろしくお願いします」とブログを結んでいる。

最終更新:7月8日(金)11時32分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。