ここから本文です

『こえ恋』アプリ内で櫻井孝宏の限定ボイス 見逃し配信も

オリコン 7月8日(金)17時11分配信

 マンガ・ノベルアプリ『comico』で連載中のどーるる氏による漫画『こえ恋』がテレビ東京系で実写ドラマ化され、きょう深夜0時52分から放送を開始する。これを記念し、アプリ内には「こえ恋チャンネル」がオープン。ドラマ本編の配信のほか、チャンネル限定特典として松原くんのオリジナルボイスが手に入る。

【写真】実写版のヒロインは永野芽郁

 同作は、なぜか紙袋をかぶって生活しているクラス委員長・松原くんと、彼の声とやさしさに惹かれていくヒロイン・吉岡ゆいこ(永野芽郁)の青春ラブストーリー。松原くんの“こえ”は、アニメ『ダイヤのA』の御幸一也や『おそ松さん』のおそ松などを務めている人気声優の櫻井孝宏が担当している。

 「こえ恋チャンネル」ではドラマの「第1~4話」「第5~8話」「第9~12話」をレンタル視聴すると、それぞれ松原くんのオリジナルボイスがゲットできる。ボイスはそれぞれ、7月下旬・9月上旬・9月下旬に公開される予定。

 また放送終了後の午前2時より同チャンネルにて見逃し配信を実施。「応援ポイント」での視聴も可能となっている。

最終更新:7月8日(金)19時53分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。