ここから本文です

亀梨和也主演『PとJK』キャスト発表 高杉真宙、玉城ティナらが共演

オリコン 7月9日(土)10時0分配信

 KAT-TUNの亀梨和也が主演する映画『PとJK』の追加キャストが発表され、高杉真宙、玉城ティナらが出演していることが9日、わかった。

 三次マキ氏による原作は、2013年から『別冊フレンド』(講談社刊)で連載され、累計210万部の売上を誇る人気少女漫画。警察官=POLICEと女子高生=JKの年の差結婚を描き、恋愛映画初主演の亀梨が警察官・功太、ヒロインの女子高生・カコを土屋太鳳が演じる。

 新たに出演が発表されたのは、カコの高校の同級生で札付きの不良というレッテルを貼られているが、実は優しい心を持っている大神役に高杉、功太との出会いのきっかけを作ったカコの親友・ミカド役に玉城、カコのクラスメイト・ジロウ役に、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』で注目された関西ジャニーズJr.の西畑大吾。

 また、功太の同僚の女性警察官・小森役には、メガホンをとる廣木隆一監督とは3度目のタッグとなる大政絢、カコの父親・誠一役には村上淳、母親の陽子役にともさかりえ、功太の上司で功太の抱える過去を理解する山本役で田口トモロヲが出演する。

 撮影は6月15日に北海道・函館にてクランクインし、オール北海道ロケで7月中旬にクランクアップ予定、2017年春公開。

最終更新:7月9日(土)10時0分

オリコン