ここから本文です

【GOLF】野村が11位タイ発進! 美香、横峯、原は23位タイ

ISM 7月8日(金)12時57分配信

 米女子ツアーの今季メジャー第3戦、全米女子オープンが現地時間7日、カリフォルニア州のコードベールGCを舞台に第1ラウンドの競技を終了。日本勢トップの野村敏京は2アンダー70で回り、11位タイにつけた。

 インからスタートした野村は11番でスコアを伸ばすと、15番、16番でもバーディを奪い、3アンダーでハーフターン。後半、難関コースをしっかり攻略した野村は4番でボギーを喫するものの、残りをパーを拾う我慢のゴルフを展開。トータル3バーディ、1ボギーで初日を終え、単独首位のイ・ミリム(韓)とは6打差あるものの、十分に上位を狙える位置で初日を終えた。

 日本勢2番手につけたのが宮里美香、横峯さくら、原江里菜の3人。美香は出だしの1番でバーディを奪い、幸先の良いスタートを切ると、3番でボギーを喫するものの、5番、7番でスコアを伸ばし折り返す。後半は12番で1つスコアを落としたが、残りをパーセーブとして、3バーディ、2ボギーでフィニッシュ。横峯と原はともに4バーディ、3ボギーで回り、1アンダー71で23位タイとなった。

 その他の日本勢は、渡邉彩香と佐藤絵美が2オーバー74の67位タイ。3オーバー75で回った堀琴音は89位タイとなっている。一方、リオデジャネイロ五輪の出場権争う大山志保は1バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの4オーバー76で106位タイ。松森彩夏も「78」と苦戦し、125位タイと大きく出遅れている。また、14オーバー86で回ったアマチュアの澤田知佳は156タイとなっている。

最終更新:7月8日(金)13時32分

ISM