ここから本文です

dヒッツ・レコチョク上半期ランキング2016に嵐、桐谷健太、三代目JSB、欅坂46

BARKS 7月8日(金)0時6分配信

株式会社レコチョクによる「dヒッツ(R) powered by レコチョク(以下、dヒッツ)上半期ランキング2016」が本日7月8日に発表となった。

2016年1月1日~2016年6月30日の期間で集計された本ランキングでは、ストリーミングサービス「dヒッツ」のランキングとダウンロード部門「レコチョク上半期ランキング2016」をあわせて発表。各部門で今年の上半期音楽トレンドの指標になるアーティストがランクインしている。

まずストリーミング(dヒッツ) でのアーティストランキング1位に輝いたのは嵐。嵐は通算48枚目となるシングル「復活LOVE」を今年2月にリリースし、表題曲を含んだ「-愛のチカラ編-」「-別れ・旅立ち編-」の2プログラムを2月1日より「dヒッツ」にて独占配信。4月30日までの期間限定配信ながら、ストリーミングサービスで上半期に一番聴かれたアーティストとして1位を叩き出した。「復活LOVE」は作詞・竹内まりや、作曲・編曲に山下達郎を迎えたラブソングで、「NTTドコモ dヒッツ CMソング」としてもオンエアされている。

続いて、ユーザーが聴き放題の楽曲プログラムの中から自分の好きな楽曲を登録可能な「myヒッツ」ランキング、そしてダウンロード(シングル)部門である「レコチョクランキング」では、浦島太郎(桐谷健太)「海の声」が1位を獲得。「海の声」は“au三太郎シリーズTVCMオリジナルソング”として2015年12月2日(水)より配信が開始され、ロングヒットを飛ばした。

また、レコチョクアーティストランキング、およびアルバムランキング1位には三代目 J Soul Brothersが登場。2015年上半期、年間ランキングに続いての1位獲得となった。上半期ランキング2016では「Feel So Alive」「R.Y.U.S.E.I.」をはじめ、100位以内に6曲がランクイン。アルバムランキンクでは『THE JSB LEGACY』が1位を獲得しており、今年も人気を反映した結果となっている。

そして「新人アーティストランキング」で1位を獲得したのは、欅坂46。秋元康総合プロデュースのもと、デビュー作「サイレントマジョリティー」が4月6日に配信開始されたあとは、デイリーランキングで初登場1位を飾り、その後もトップ5をキープ、テレビ露出でも『ZIP!』や『ミュージックステーション』への出演を実現させ、5月4日(水)まで約1か月間トップ10にランクインする破竹の勢いを見せた。

「洋楽ランキング」ではテイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」が1位に。この楽曲は2014年8月20日より配信開始され、自身にとって日本初のCMとなる家庭教師のトライ「Try IT」TVCMソング゛等にも起用され、ロングヒット。2015年上半期、年間それぞれで洋楽ランキング1位を獲得している。

なお、「レコチョク上半期ランキング2016」サイトではレコチョクランキング、アルバムランキング、アーティストランキングのトップ100が公開されている。( http://recochoku.com/rank_first2016/ )

最終更新:7月8日(金)0時6分

BARKS