ここから本文です

石野卓球、“月の出~月の入り”まで『LUNATIQUE』収録曲限定試聴

BARKS 7月10日(日)19時0分配信

石野卓球 (電気グルーヴ) が8月3日、オリジナルソロアルバム『LUNATIQUE』をリリースする。同アルバム収録曲がオンラインメディア“SILLY”にて期間限定公開されることが明らかとなった。

◆石野卓球 画像

試聴期間は月の満ち欠けに合わせたもの。7月の「眉月(三日月)」「上弦の月」「満月」「下弦の月」「三十日月」の5日間で、それぞれ「月の出~月の入り」(約半日)のみの限定公開となる。

PCでは該当期間に“SILLY”のトップページを開くと自動的に楽曲が再生されるほか、スマートフォンでは該当記事内に埋め込まれたYouTubeから試聴が出来るとのことだ。

■アルバム『LUNATIQUE』期間限定公開
7月08日(眉月 ? 三日月) 21:31~翌8:16 楽曲「Crescent Moon」
7月12日(上弦の月) 23:40~翌11:59 楽曲「Lunar Kick」
7月20日(満月) 18:57~翌4:44 楽曲「Lunatique」
7月27日(下弦の月) 23:36~翌12:10 楽曲「Die Boten Vom Mond」
7月31日(三十日月) 1:10~15:23 楽曲「Rapt In Fantasy」
SILLY(https://silly.amebahypes.com/)

■オリジナルソロアルバム『LUNATIQUE』
2016年8月3日(水)発売
KSCL-2765 ¥2,500+税
※初回仕様 : 月曜美術館仕様(特殊紙ジャケット)
01. Rapt In Fantasy
02. Fetish
03. Lunar Kick
04. Fana-Tekk
05. Crescent Moon
06. Die Boten Vom Mond
07. Amazones
08. Lunatique
09. Selene
10. Dawn

最終更新:7月10日(日)19時0分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。