ここから本文です

セレイナ・アン、新曲「CHANGE」は「実体験に基づいている歌詞」

BARKS 7月8日(金)12時13分配信

7月7日、セレイナ・アンが東京・アルジェントASOにて行なわれた化粧品ブランド クリニークの新キャンペーン発表レセプションにサプライズゲストとして登壇した。

◆セレイナ・アン イベント画像

同キャンペーンは“小さなきっかけから大きな変化が生まれる”をコンセプトに、女性が一歩を踏み出してポジティブな変化をもたらせるよう応援することを目的として展開されているもの。セレイナは、そのコンセプトに共感して制作したというキャンペーン公式サポートソング「CHANGE」を初披露。同曲はアップテンポなナンバーで、<今ある私よりも明日はもっと輝きたい><夢への道は自分で開く、そう信じてる>など前向きなメッセージが多く、会場を明るく盛り上げた。

「この歌は作詞・作曲を私がしているんです。私の実体験に基づいている歌詞で、本当に一言一言、私が心の底から毎日信じて生活している言葉ですので、歌詞にも注目してもらえたらと思います。」──セレイナ・アン

なお「CHANGE」は、7月13日発売のデビュー・ミニアルバム『SUNDAYS』に収録される。クリニークのオフィシャルサイトでは『セレイナン・アン×クリニーク コラボムービー』が公開中なのでこちらもあわせてチェックを(http://clinique-fukitori.jp/)。

Major Debut E.P.『SUNDAYS』
2016年7月13日(水)発売
¥1,800(税抜)/TYCT-60085
1.Sunday Love
2.My Own Way
3.Sweet Sweet Love
4.So in Love
5.CHANGE
6.19

最終更新:7月8日(金)12時13分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。