ここから本文です

ジョー・ペリー「ジョニー・デップの離婚、バンドには関係ない」

BARKS 7月11日(月)10時44分配信

世間を騒がせた離婚騒動の真っ只中、ジョニー・デップとハリウッド・ヴァンパイアーズのツアーを行なってきたジョー・ペリーが、大変な時期ではあろうが、彼のプライベート・ライフに関してはバンド内では話題にならないと明かした、

◆ハリウッド・ヴァンパイアーズ画像

DV疑惑もあがり、ジョニーには言いたいことは山ほどあるだろうが、彼は直接メディアで反論することはせず、演奏に専念している。ペリーは『Billboard』誌にこう話した。「誰もそのことは口にしてないよ。彼はプライベートを大事にする奴だからね。対応中なんだろうけど、バンドに関して言えば、誰も騒いじゃいない。みんな、彼のプレイに興味を持っている」

「(オーディエンスは)最初の曲の最初の1分は、彼はどうするつもりだ、どんな様子だなんてことに興味深々なのは間違いない。でも、彼のプレイを聴いたら、バンドのほうに興味を持つ。そんなもんだよ。でも、離婚はまったく別の世界だ。そのゴタゴタは俺らとは何の関係もない」

また、関心が寄せられるもう1つのことがら――エアロスミスのラスト・ツアーの噂については、こう話した。「そのことは俺ら、何年も話している。正直言って、俺は、ラスト・ツアーと呼ばれるものが始まるとこは想像できるよ。でも、エアロスミスの最後の公演になるのかって言われると、それを受け入れるのは俺にはちょっと難しい」

「年の波が寄せつつあるのはわかっている。でも俺ら、ブルース・シンガーやロッカーの先駆者たちに倣い、たくさんのことを、彼らがどうやってプレイし続けているかってことも含め学んできた。でも、確かに(ラスト)ツアーを前提に、これまで訪れた全ての場所、それに行ったことがないいくつかの場所でプレイしたいとは思っている。俺らが話しているのはそういうことだ。ラスト・ツアーって呼ぶものがあるって気はする。でも、いつ終わるかって? それは、俺には答えられない」

ハリウッド・ヴァンパイアーズは現在、北米ツアー中。バンドは木曜日(7月7日)「コンサート、来てね」とたるそうに話すロッカー、デップの映像を公開した。

Ako Suzuki

最終更新:7月11日(月)10時44分

BARKS