ここから本文です

佐野元春が主催イベントに18歳&19歳を無料招待。「“18歳選挙権”おめでとう」

BARKS 7月8日(金)20時7分配信

8月10日(水)に東京国際フォーラム ホールAにて行われる佐野元春主催のロック・イベント<THIS! 2016 ‘New Attitude for Japanese Rock’ Presented by The Music Travel>に、18歳と19歳の学生・社会人が無料招待される。これは、今年の参議院選挙で初めて10代が選挙権を得る「18歳選挙権」を祝して実施されるものだ。

◆関連画像

同イベントには、中村一義、GRAPEVINE、そして佐野元春&THE COYOTE BANDという国内屈指のロックの表現者たちが集結する。

佐野は、これまでおこなったコンサートツアーにおいても、2011年には18歳以下の来場者へチケット代金の一部をキャッシュバックする「ニューエイジ・キャッシュバック」、2012年には6歳から18歳までの学生・社会人のチケット代を無料にする「U18 for Free」を実施してきた経緯があり、世代的に広く開かれたロック・コンサートの在り方を提示してきている。今回の「祝、18歳選挙権」はその「U18 for Free」の精神を引き継ぐもので、今年の参議院選挙で初めて投票の権利を得た10代に素晴らしいロックンロール体験をしてもらうため、18歳、19歳はそのまま招待したいということになったという。

今回の件に関して佐野元春は、このようなコメントを寄せている。

  ◆  ◆  ◆

「お金よりも大事なもの、それは権利だ、と言っても、10代の皆さんにはピンとこないだろうと思う。でもそれはほんとうのことだ。『18歳選挙権』おめでとう。もし君が18歳か19歳なら、この日は幸運な夜になる。中村一義、グレープヴァイン、そして佐野元春。最高のロックンロールが無料で体験できる日なのだから。8月10日(水)夜、東京国際フォーラムで逢おう」 ── 佐野元春

  ◆  ◆  ◆

なお「祝、18歳選挙権、無料招待」は、当日、開場前に受付窓口に行き、年齢を証明する身分証明書(免許証、学生証、保険証など)を提示することで、チケット代¥8,200が無料になるというもの。すでに、チケットを購入済みの18歳と19歳の方は、当日受付窓口で全額キャッシュバックされる。

伝説的な音楽イベント「THIS!」が、いよいよ今年の夏、8 月10日、国際フォーラムで復活する。再び、ここから始まる、新たな日本のロックのストーリーを目撃してほしい。

佐野元春主催 THIS! 2016 ‘New Attitude for Japanese Rock’ Presented by The Music Travel
2016年8月10日(水) 東京国際フォーラム ホール A
OPEN/START 17:30/18:30
[出演者]
佐野元春& THE COYOTE BAND/中村一義&海賊(BAND)/GRAPEVINE
[チケット料金]
¥8,200(全席指定/税込)
※未就学児童入場不可
■チケットに関するお問い合わせ
ウドー音楽事務所 TEL:03-3402-5999(月~金 11:00~19:00・土 12:00~17:00)
■イベントに関するお問い合わせ
THE MUSIC TRAVEL 公演事務局 TEL:050-3533-3550(土日祝を除く平日11:00~17:00)

イベント「THIS!」公式 WEB ページ
http://www.moto.co.jp/THIS2016/
イベント「THIS!」公式 Facebook ページ
https://www.facebook.com/PRESS.THIS2016/

[祝! 18歳選挙権 THIS!2016 無料ご招待実施要領]
■18歳選挙権無料ご招待:2016年8月10日時点で18歳と19歳の方
■無料になるチケット代金:¥8,200
■無料ご招待受付方法:写真付き身分証明書(免許証、学生証、など)を公演日会場受付にて提示。
■無料ご招待受付期間:会場の開場時間の1時間前から開場時間までのみとなります。ご利用の方はお早めにご来場下さい。
■すでに、チケットを購入済みの18歳と19歳の方は、当日会場内でチケット代金¥8,200を全額キャッシュバックします。

最終更新:7月8日(金)20時7分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。